2005年11月23日

三菱自動車

 こないだダイムラークライスラーに三行半を突きつけられて(?)4割近く大暴落した三菱自動車。
 やっぱ個別株は怖いよなあ、と思う反面、今回の暴落はまさに需給のみの話であって、三菱自動車の業績そのものにどう響くわけでもない。
 一方、アウトランダーが好調(らしい)北米も業績見通しを上方修正などなど、まあ先行き明るい話もあるわけである。個人的には「i」に大注目しているし。
 もし、今後の見通しがずっと明るいのであれば、今回の暴落は千載一遇の投資チャンスかもしれない(それでもあの財務状況の会社としては高いかもしれないが)。
 さて、「i」である。個人的にはああゆうデザインは大好きなのだが、実際、業績に影響がでるほど売れるのだろうか。例えばスバルR−1などは自動車ジャーナリストなどには大好評であったが、実際には殆ど売れていない。ああゆうキワモノ的クルマは日本では難しいのである。
 可能性があるとすれば、アウトラ、iを皮切りに三菱車のデザイン改革が進むと言うことか。いまのやつはちょっと...RVR、グランディス、ギャラン、ディオン、エアトレ、ランサーなどなどコンセプトが古いかカッコ悪いかどっちかのやつばかり。

 これが置き換わっていくのであれば、ま、期待はできる。

 とりあえずエアトレックを引っ込んでアウトラになった。マイナスがプラスかもしれない。これが全車種に波及していけば、日産やマツダのように復活の目はある。

 暴落後の株価も落ち着きを取り戻してきたし、ちょっと考えてみるか?

 おっと、景気回復に伴う金利上昇傾向の影響も忘れちゃならないぜ。借金会社なんだから。
posted by 循環と増殖とGOLD at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

石原産、三菱自…個別株に思う。

最近の株式市場の好調ぶりにつられて思わずMy掟を破って個別銘柄に手を出したくなる。
その気分に冷水。

石原産業フェロシルト不正発覚で250円→180円と暴落。
三菱自動車ダイムラークライスラーの突然の株大量売却で360円→240円に暴落。

三菱自動車は最近業績復調とかアウトランダー快調とかやたらにいいニュースが多かった
けど、本当はつり上げ相場であるがゆえのニュースリリースだったのか?

よく分からないけどあらためて株の怖さを実感した。

ま、そう考えてみるとやっぱりインデックスファンドは固いよね。良くも悪くも値動きは
固いし、トータルでインデックスに勝つのはやっぱ難しいかも。

posted by 循環と増殖とGOLD at 23:13| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

アジアフォーカスに思う。

行ってきました、マネックス・ビーンズ証券のヘッジファンド投信「アジアフォーカス」
札幌説明会。

なるほどヘッジファンドというものは「錬金術師」なんだなあとあらためて思った次第です。
だってそうでしょ、相場が上がっても下がっても市場のスキ間を狙って現金化する商売。
まさに無から有を生み出す現代の錬金術師。

この錬金術師のなかからさらに選りすぐった錬金術師を30チームくらい選んで言わば錬金術
ドリームチームを組成し、こいつらの腕前にかけてみよう!というのがこの商品(印象)。

ちなみになぜアジアかといえば「欧米市場に比べて非効率性が残るためにヘッジファンドの
投資戦略が有効(資料抜粋)」だそうなんですが、要するにアジアは遅れててスキだらけだ
からむしり取れる部分が多いんです、って言いたいんですかね。ま、あり得る話です。


で、結局投資するかどうかなんですが、しません。

マネックス内藤忍氏の説明によれば「相場が上がっても下がっても絶対リターンを目指す」
ってことなんで、要するにいつ買っても同じようなリターンになり、いわゆる「仕込み時」
はないようなことを言ってたし、また、同様の理由から、例えば日本株が上がったから上昇、
ということも当然ないとのこと。

それから見込んでる10%とかリターンは言ってたなあ。


であれば、これからしばらくは日本株上昇!に期待している私としては、わざわざこのタイ
ミングで乗り換える理由なんてない。

この先、「日本株もそろそろかな」と思うようになったときに、大英断をして乗り換えると
いうのがこのファンドの使い方ではないだろうか。


もっとも募集のキャパが300億くらいで、今80億集まってるとか言ってたから、オレが
乗り換えようと思ったときにこのファンドが買えるかどうかは不明であるが。
posted by 循環と増殖とGOLD at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

資産バブル再燃!


週刊ダイヤモンド11/12号特集「資産バブル再燃!」思わず買ってしまいました。
特に衝撃を受けたのが

・中古マンション価格が上昇へ!分譲価格上回る物件も続出。

土地は分かるんですよね。だって規制緩和で相当な高度利用が可能になってるんですから。
そういう所はね。

 でもマンション、つまりウワモノまで上がってしまうのはよくわかりません。

しかし、実際問題、こうなるとバブル崩壊以来、生涯賃貸で行こう!と思ってた私もグラ
ついてしまいます。

なんつったって、たとえば3500万の物件で5%上昇なんていったら、率ではたった5%
でも金額ベースだと175万でしょ。これ、働いて稼ぐっていったら大変なものですよ。
いや〜東京には帰れなくなっちゃうかもしれないなあ...
posted by 循環と増殖とGOLD at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

上がって買えず、下がって買えず。買えない病。

ある株に目をつけたとしよう。

でも、ちょっと上がると、また下がるのを待ってしまって買えない。

でも下がると、もっと下がるのではないかと、また買えない。

結局、買わないうちに思いっきり上がってしまいもうけ損ねる。

上げ相場だとこんなことばかりである。ダメなオレ。

しかしだな、買う=売買が成立する、ということは

オレが買う向こう側で誰かが確実に売っているってことである。

オレと正反対の判断をする人が確実にいるということだ。

であれば、この「カイ」は正しいと言い切れるか。

実はオレの知らない材料があって、売る方は知っているのでは

ないか。そうでないと言い切れるか。



かくして今日もまた買えないのである。
posted by 循環と増殖とGOLD at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

今週の反省

・今週は全世界的に株価復調ということで、反省点といえば先週までの一服局面で仕込んだの
 か?ということにつきる。

 そういう点では、結果論とはいえ@インド株Aヒガシ21がちょっとあがっちゃったのに、
 まったく手つかずであったということについて反省せざるをえない。

 @インド株については、「HSBCインド」か「eワラント(マネックス)」か、という
  ことの検討をしなかった。株価の動向についてもまったくフォローしていなかったとい
  うことで、これじゃー「エイ!ヤッ!トォ!とりあえず買っとけ!」みたいな乱暴なや
  り方になってしまう。
 Aヒガシ21(9029)については、先週であればうまくすれば515円で買えていた。
  今週は550円超えたんだから、かなりいい気分で週末を迎えられたんではないかなあ。
   
 それに、結果論ばかりだが、うまくカネのリレーをつないでいれば、昨日金曜にインデッ
 クスファンド→1308上場TOPIXファンドへの移行がやれてて、引けにかけて13
 08は急にあげたから、ここで4〜5000円くらい儲かる可能性があった。

 まったく「やらないこと」によっておカネが手をすり抜けていくようなザマだ。
posted by 循環と増殖とGOLD at 21:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。