2006年01月14日

特定口座で貸株サービスが利用できるようになりました

…とのマネックス証券のお知らせ

0.1%でもつけばETFの信託報酬がチャラになる計算だが、ちょっと気になるのは税金。雑所得なので株主優待の売却益と競合しそうだ。

もちろん貸株料だけなら1000万ベースとしても1万円。たいしたこたぁない。

でも「配当金」代わりとなる「配当金相当額」こっちはマズイよね。ETFって配当金…すごい’05年の7月だと1154円。ということは平然と50万以上出てしまうから、これを雑所得にされたらたいへんなコトになる。

従ってBESTな方法は権利確定日前にいったん貸し株をとりやめ確定日後に再び貸し株にする。

これで貸し株料「ほぼ」1年分をGETできるようである。
posted by 循環と増殖とGOLD at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。