2005年11月08日

上がって買えず、下がって買えず。買えない病。

ある株に目をつけたとしよう。

でも、ちょっと上がると、また下がるのを待ってしまって買えない。

でも下がると、もっと下がるのではないかと、また買えない。

結局、買わないうちに思いっきり上がってしまいもうけ損ねる。

上げ相場だとこんなことばかりである。ダメなオレ。

しかしだな、買う=売買が成立する、ということは

オレが買う向こう側で誰かが確実に売っているってことである。

オレと正反対の判断をする人が確実にいるということだ。

であれば、この「カイ」は正しいと言い切れるか。

実はオレの知らない材料があって、売る方は知っているのでは

ないか。そうでないと言い切れるか。



かくして今日もまた買えないのである。
posted by 循環と増殖とGOLD at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。